トイレの水漏れはいつか起こる

トイレの水漏れはいつか起こる ライフラインとして捉えた時に、水が出ないことによって、トイレまで使えなくなることがあります。いつでも使えると思っていたら、水が出ないことで機能を停止してしまうこともあるのです。トイレが使えないという事実は、日常生活の中でとても大きなものになってしまうので、水漏れを起こしているときの修理の方法などについても考えておく必要があります。

■トイレもいつかは壊れる

トイレの水漏れには、いくつものパターンがあります。使いたいと思ったときに、水が出てこなくなり使うことができないようなことも出てきますし、使えていても、無駄に消費してしまうこともあります。はっきりと外に水漏れが続くという状況になってしまうこともあるので、修理が必要になるという事も考えておかなければいけません。
トイレという設備が壊れにくいことは確かです。生活設備のひとつとして、なくてはならないとても重要なものであるだけに、実際にトイレが使えない状態を経験したことがある人は、これがいかに悩ましい問題かもわかるでしょう。
壊れにくいとは言っても、トラブルは必ず出てきます。生活していれば、いつかは問題を生じるようになるからです。実際には消耗品であることに気が付かなければいけません。問題が出てきた時には修理を考えていく必要があります。

■構造的なことから見ていくこと
修理が必要になる部分はいくつか存在しています。構造的な部分から見ていくと、日常的なケアをはじめ、部品交換や根本的な修理など、必要なメンテナンスがわかるでしょう。水漏れといった部分だけに対応ができるのか、それとも交換が必要になるほど深刻な問題に発展するのかといった部分も考えていかなければいけません。
一般的に問題が起こる場所としては、給水管付近からも水漏れの他、排水管、便器の下、タンクといったところがあります。見た目だけで状態や原因が特定できることもありますし、プロでなければ原因がはっきりしないといったケースもあることを理解しておきましょう。水漏れかどうかはっきりとしない場合は、何度か水を流してみて実際に漏れる場所を探すという方法も必要になります。

■給水管から漏れているケース

水漏れということでは、強い圧力がかかっていることから困った状況になってしまうことが多いのは給水管です。水が供給されなければ水洗トイレは使うことができません。そのための給水設備と考えれば、強い圧力がかかっていることがわかります。正確にみてみると、止水栓が取り付けられており、ここから分岐金具が取り付けられていることが多いです。温水洗浄便座がつけられているときには必ず分岐しています。
さらにタンクへと接続しているのが給水管です。内容的には単純ですが、水を送り出すためには、かなりの圧力がかかっています。そのため、しっかりと接続するためにナットを使い締め付けているのが特徴です。接続する部品があるということは、ここから漏れだしてしまう恐れがあるということでもあります。他の設備でも、接続している部品があれば、そこから水漏れが起こる可能性があるという事を理解しておきましょう。
他にも、床下から出ているタイプもあります。フレキシブルパイプと呼ばれているものもありますが、自在に曲げられるように作られている特殊な管です。これもナットで接続されている部分がありますし、中にはパッキンが取り付けられています。劣化すれば漏れてくる可能性があります。それも強い圧力で漏れてくるのですから、できるだけ早期に発見することが大切で、修理の順番も考えなければいけません。

■まとめ
トイレの水漏れは、非常に深刻なことが出てきます。簡単に修理ができそうでも、優先順位についても考えていかなければいけないことがあります。強い圧力がかかっていることもあるため、自信がない時には、プロに依頼するのが一番の解決方法です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース